映画「毛皮のヴィーナス」は難しい映画だった


(ネタバレ有り)
映画「毛皮のヴィーナス

難しい、難しい、難しい。
この映画はロマン・ポランスキー監督の他の映画を観ておかないと、
もしくは題材となったザッヘル・マゾッホの原作を読んでおかないと理解できない。

オーディションでのセリフなのか、
“地”でのセリフなのか、途中でわからなくなってくる。
映画中盤のオーディションにおける両者の配役の入れ替わりは、
トマ(演出家)の本性をさらけ出させるためのワンダ(女優)のはかりごとなのか。
また、ワンダの最後のダンスは、シャーマン的な雰囲気もあり、
ワンダは人でない者(神・ヴィーナス)ということを匂わせているのか。
(ワンダが人でない者説はどこかのブログで見た)
あの後2人は、どうなったんだろうか。

しかし、ワンダを演じているエマニュエル・セニエの演技力には驚かされた。
映画冒頭と中盤、そして終盤とまったく印象が異なる。すごすぎる。

難しい、難しい、難しい。

「NEW YEAR GIFT年賀状」が面白い。


ミクシィ年賀状の「NEW YEAR GIFT年賀状」が面白い。

ミクシィ年賀状の運営会社の株式会社フレンゾさんから年賀状をいただきました。
今年のミクシィ年賀状の新機能の「NEW YEAR GIFT年賀状」で送られてきました。

この年賀状をLUSHの店頭に持って行くと石鹸と無料で交換してくれます。
年賀状は紙に“気持ち”をのせて贈るサービスなので、このように“モノ”が付いてくるのは良いですね。

「ここまえなんだっけ」は感情を揺さぶるサービスだから惹かれる


林雄司さんがつくられたウェブサービス「ここまえなんだっけ」のコンセプトが面白い。

「ここまえなんだっけ」のサービス概要

ここまえなんだっけは、そこに前なにがあったかを記録する地図です。
渋谷のツタヤができる前ってなにがあったっけ?
新宿のコクーンタワーができる前はあそこになにがあった?
新しいビルができると前そこにあったものをすぐ忘れてしまいます。駅に向かう途中で空き地を見かけて、あれ?ここまえなんだっけ?と考えることもよくあります(たいてい思い出せない)。
すぐに忘れてしまうので、せめて憶えていることは記録しておきたい。それが「ここまえなんだっけ」です。
(アバウト – ここまえなんだっけより引用)

街を歩いていると、「あれ、この店最近まで違う店やったのに新しくなっている」とか、「このでっかいビルって前なんの建物やっけ」と考えることが時折あります。場所に紐付いている“懐かしさ(想い出)”や、思い出せそうで思い出せないというような“歯がゆさ”というような感情に訴えかけるサービスは良いですね。

地図という平面(二次元)のものに、時間軸が加わっていて三次元になるというのも、「アースダイバー」好きとしてはたまりません。

iPhoneのケースはキャンドゥがオススメ!


iPhoneのケースはとにかくシンプルなものを使いたい。
家電量販店でいろいろ探したのですが、シンプルなものがなく、結局行き着いた先は100円均一のキャンドゥでした。

パッケージ

表側

裏側

ソフトケースなのでグリップ力も高いから、落としにくいですしね。

iPad miniでフリック入力が使いたい


iPad mini、7インチタブレットが好きなので重宝していますが、「フリック入力」が使えないのが残念なのです。

iPad miniで利用するiPadアプリで日本語入力するには、QWERTY配列(以下画像参照)、ひらがなが五十音順で配列されたソフトウェアキーボードしか利用できません。

(例)SNS「mixi」のiPadアプリ

iPadの大きさであれば指が届かないのでフリック入力は不必要だと思いますが、iPad miniの大きさで有れば両手でのフリック入力は容易にできるので、利用できるようにして欲しいんですよね。

iPad miniユーザーの皆さん、どうですか?

ちなみに裏技的な方法を使えば、iPad miniでフリック入力を利用することも可能です。
iPadアプリ、iPhoneアプリの双方が提供されているアプリ(非ユニバーサルアプリ)であれば、iPhoneアプリを使えばフリック入力が利用できます。(以下画像参照)

[

(例)SNS「mixi」のiPhoneアプリ

iPadアプリでもフリック入力が使えられればなー。

期限は重要。


iPhone5に機種変更しました、iPhone4から。

おまけで電子書籍ストアのBookLiveの500円分のクーポンをいただきました。

早速クーポンを登録しようと思ったら、なぜか登録できず。
もう一度クーポンを見直したら、2012年11月30日まで……。
有効期限切れてるやんー。

不必要なFacebookアプリを削除する方法


いまだSPAMアプリが出回っているようなので、以前のブログに掲載していたものを再掲。

SNS「Facebook」では、第三者が開発したFacebook連携アプリ・ゲームが数多く提供されています。皆さんも、知人から紹介されて、これらのアプリを連携(インストール)したことがあるかもしれません。

ただ、連携はしたものの、結局使わなかった、使ったけれど今後使わないから消したいというアプリもいくつかあると思います。

それら不必要なFacebookアプリを削除する方法をご紹介したいと思います。

【1】トップページ右上にある「▼」をクリック、プルダウンででてきた「アカウント設定」をクリックする。
直接ページに行きたい場合は「一般アカウント設定」から辿ることができます。

【2】アカウント設定ページで、アプリ設定をクリックする
直接ページに行きたい場合は「アプリ設定」から辿ることができます。

【3】不必要なアプリを選択して削除する。

これで不必要なアプリを削除することができます。
ただし、最初に連携した時点で許可した情報はアプリ事業者に伝わりますので、提供元が信頼できないアプリは連携しないようにしましょう。