「ここまえなんだっけ」は感情を揺さぶるサービスだから惹かれる


林雄司さんがつくられたウェブサービス「ここまえなんだっけ」のコンセプトが面白い。

「ここまえなんだっけ」のサービス概要

ここまえなんだっけは、そこに前なにがあったかを記録する地図です。
渋谷のツタヤができる前ってなにがあったっけ?
新宿のコクーンタワーができる前はあそこになにがあった?
新しいビルができると前そこにあったものをすぐ忘れてしまいます。駅に向かう途中で空き地を見かけて、あれ?ここまえなんだっけ?と考えることもよくあります(たいてい思い出せない)。
すぐに忘れてしまうので、せめて憶えていることは記録しておきたい。それが「ここまえなんだっけ」です。
(アバウト – ここまえなんだっけより引用)

街を歩いていると、「あれ、この店最近まで違う店やったのに新しくなっている」とか、「このでっかいビルって前なんの建物やっけ」と考えることが時折あります。場所に紐付いている“懐かしさ(想い出)”や、思い出せそうで思い出せないというような“歯がゆさ”というような感情に訴えかけるサービスは良いですね。

地図という平面(二次元)のものに、時間軸が加わっていて三次元になるというのも、「アースダイバー」好きとしてはたまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>